利用規約

第1章 総則

第1条(定義)

本規約の中で使用される以下の各用語は、次の意味を有するものとします。

第2条(本規約の範囲)

MAHOLOVAがユーザーに対して発する第4条所定の通知は、本規約の一部を構成するものとします。 MAHOLOVAが、本規約本文の他に別途定める各サービスの利用規約および各サービスの利用上の決まりおよびその他の利用条件等の告知(以下、併せて「利用規約等」と称します。)も、名目の如何にかかわらず、本規約の一部を構成するものとします。 本規約本文の定めと利用規約等の定めが異なる場合は、当該利用規約等の定めが優先して適用されるものとします。

第3条(本規約の変更)

MAHOLOVAは、ユーザーの了承を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合には、本サービスの利用条件は、変更後の規約によります。 前項の通知は、MAHOLOVAが当該通知の内容を本サイト上に表示した時点より効力を発するものとします。

第4条(MAHOLOVAからの通知)

MAHOLOVAは、本サイト上の表示その他MAHOLOVAが適当と判断する方法により、ユーザーに対し随時必要な事項を通知します。 前項の通知は、ユーザーが閲覧したか否かを問わず、MAHOLOVAが当該通知を行った時点で効力を発するものとします。

第2章 登録手続等

第5条(登録手続き)

本サービスのすべてまたは一部サービスの利用に際しては、ユーザー情報およびその他お申し込みの内容を特定するためにMAHOLOVAが指定する事項(以下「ユーザー情報等」と称します)について、MAHOLOVAが指定する方法でご提出いただく場合があります。 ご登録いただいたユーザー情報等については、本サービスの運営上、MAHOLOVAのデータベースに蓄積され、ユーザー情報等は本規約第25条に定められた目的にのみ利用するものとします。 また、MAHOLOVAは、各お申込みが、以下の各号のいずれかに該当する場合は、本サービスのお申込みを承諾しない、または当該契約を解除し、将来にわたって本サービスのご利用をお断りする場合があります。

第6条(変更の届出)

ユーザーは、メールアドレス等MAHOLOVAへの届出事項の内容に変更があった場合には、速やかにMAHOLOVA所定の方法で変更の届出をするものとします。 前項届出がなかったことでユーザーが不利益を被ったとしても、MAHOLOVAは、一切その責任を負いません。

第3章 サービスの購入方法等

第7条(商品・サービスの購入方法)

ユーザーは、本サービスを利用して代金の支払いを要するサービスを購入する場合、本サービスの案内ページの利用規則に従うものとします。サービスの利用方法、サービス代金等その他のサービス購入の申込及びサービスの購入に必要な事項についても、各ページに記載されたところに従うものとします。

第8条(お問い合わせ)

サービス購入の申込及び契約条件に関するご質問並びにサービスに関する質問、または本サービスの全般に関わるご質問等は、MAHOLOVAが本件サイトに表示する連絡先にユーザーが問い合わせることにより承ります。

第9条(譲渡禁止等)

ユーザーは、購入したサービスの有する権利を第三者に譲渡したり、売買、名義変更する等の行為はできないものとします。

第4章 ユーザーの義務

第10条(設備等)

ユーザーは、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、本サービスが利用可能な状態に置くものとします。また、自己の費用と責任で、任意の電気通信サービスを経由して本サービスに接続するものとします。

第11条(個人認証情報の管理責任)

ユーザー名およびユーザー名と組み合わせるパスワードその他の記号等がある場合は、ユーザー名とその記号等との組み合わせであって、ユーザーの本サービスを利用する権利が認識されるのに足りる情報を、本規約において「個人認証情報」といい、個人認証情報を用いてサービスの利用権限が確認されることを「個人認証」と称します。

ユーザーは、自己の設定したパスワード等個人認証情報を失念した場合は本件サイトで定める方法に従って対処するものとします。

ユーザーは、自己の個人認証情報および個人認証を条件とするサービスを利用する権利を、他者に使用させず、他者と共有あるいは他者に許諾しないものとします。ユーザーの個人認証がなされたサービスの利用やそれに伴う一切の行為は、本項に反してなされた他者による本サービスの利用やそれに伴う一切の行為も含め、当該利用や行為がユーザー自身の行為であるか否かを問わず、ユーザーによる利用および行為とみなします。

ユーザーは、自己のユーザー名、パスワードを含む個人認証情報の管理について一切の責任をもつものとします。MAHOLOVAは、ユーザーの個人認証情報が他者に使用されたことによって当該ユーザーが被る損害については、当該ユーザーの故意過失の有無にかかわらず一切責任を負いません。

第12条(自己責任の原則)

ユーザーは、ユーザーによる本サービスの利用とその本サービスを利用してなされた一切の行為(前条により、ユーザーによる利用または行為とみなされる他者の利用や行為を含みます。以下同様とします。)とその結果について一切の責任を負います。

ユーザーは、本サービスの利用に伴い、他者(国内外を問いません。また、ユーザーに限りません。以下同様とします。)から問合せ、クレーム等が通知された場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。

ユーザーは、他者の行為に対する要望、疑問もしくはクレームがある場合は、当該他者に対し、直接その旨を通知するものとし、その結果については、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。

ユーザーは、本サービスの利用によりMAHOLOVAまたは他者に対して損害を与えた場合(ユーザーが、本規約上の義務を履行しないことにより他者または MAHOLOVAが損害を被った場合を含みます。)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

第13条(手続き)

ユーザーは本サービスを利用する際は、事前に個々のサービスごとに定められた所定の手続を経るものとします。

第14条(私的利用の範囲外の利用禁止)

ユーザーは、MAHOLOVAが承認した場合(当該情報に関して権利をもつ第三者がいる場合には、MAHOLOVAを通じ当該第三者の承諾を取得することを含みます。)を除き、本サービスを通じて入手したいかなるデータ、情報、文章、発言、ソフトウェア等(以下、併せて「データ等」と称します。)も、著作権法で認められた私的利用の範囲を超える複製、販売、出版のために利用することはできません。

ユーザーは、前項に違反する行為を第三者にさせることはできません。 ただし、ユーザーが著作権を有するデータ等に関してはこの限りではありません。

第15条(営業活動の禁止)

ユーザーは、本サービスを使用して営業活動、営利を目的とした利用およびその準備を目的とした利用(以下「営業活動」と称します。)をすることができません。 上記にかかわらず、MAHOLOVAが別途承認した場合は、ユーザーは承認の範囲内で営業活動を行うことができるものとします。

第16条(その他の禁止事項)

第14条および第15条の他、ユーザーは本サービス上で以下の行為を行わないものとします。

第5章 運営

第17条(データ等の削除)

ユ-ザーが本サービス用設備に登録したデータ等が、MAHOLOVAが各サービスごとに定める所定の期間または量を超えた場合、MAHOLOVAはユーザーに事前に通知することなく削除することがあります。 また本サービスの運営および保守管理上の必要から、ユーザーに事前に通知することなく、ユーザーがサービス用設備に登録したデータ等を削除することがあります。

MAHOLOVAは、前項に基づくデータ等の削除に関し、いかなる責任も負いません。

第18条(本サービスの内容等の変更)

MAHOLOVAは、ユーザーへの事前の通知なくして本サービスの内容・名称を変更することがあります。

第19条(本サービスの一時的な中断)

MAHOLOVAは、以下のいずれかの事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、一時的に本サービスを中断することがあります。

MAHOLOVAは、前項各号のいずれか、またはその他の事由により本サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因するユーザーまたは他者が被った損害について、この本規約で特に定める場合を除き、一切責任を負わないものとします。

第20条(損害賠償)

MAHOLOVAの責に帰すべき事由(前条第1項第1号および第5号の場合を除きます。)により、ユーザーが本サービスにおける特定の有料サービスを一切利用できない状態(以下「利用不能」と称します。)に陥った場合、MAHOLOVAは、本規約で特に定める場合を除き、MAHOLOVAが当該ユーザーにおける利用不能を知った時刻から起算して14日以上利用不能が継続した場合に限り、ユーザーが当該サービスを利用するためにMAHOLOVAに支払った額を限度として、ユーザーに現実に発生した損害の賠償請求に応じます。 ただし、天災地変等MAHOLOVAの責に帰さない事由により生じた損害、MAHOLOVAの予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益を含む間接損害については、MAHOLOVAは賠償責任を負わないものとします。 また、ユーザーが損害賠償請求をし得ることとなった日から3ヶ月を経過する日までに賠償請求をしなかった場合は、請求を行う権利を失うものとします。

第21条(免責)

MAHOLOVAはMAHOLOVAが提供するデータ等、他者が登録するデータ等について、その完全性、正確性、適用性、有用性等に関し、いかなる責任をも負いません。MAHOLOVAは、ユーザーが本サービス用設備に蓄積した、またはユーザーが他者に蓄積することを承認したデータ等が消失(本人による削除は除きます。)し、または他者により改ざんされた場合は、技術的に可能な範囲でデータ等の復旧に努めるものとし、その復旧への努力を以って、消失または改ざんに伴う会員または他者からの損害賠償の請求を免れるものとします。

本サービスの内容はMAHOLOVAがその時点で提供可能なものとし、ユーザーに対するMAHOLOVAの責任は、ユーザーが支障なく本サービスを利用できるよう、善良なる管理者の注意をもって本サービスを運営することに限られるものとします。 第19条及び第1項ならびに第2項の他、MAHOLOVAは本サービスの利用により発生したユーザーの損害(他者との間で生じたトラブルに 起因する損害を含みます。)、および本サービスを利用できなかったことにより発生したユーザーまたは他者の損害に対し、本規約で特に定める場合を除き、いかなる責任も負わないものとし、損害賠償義務を一切負わないものとします。

第22条(サービスの提供の中止)

MAHOLOVAは本サイト上に最低2週間の予告通知をした上で、本サービスの全部または一部の提供を中止することがあります。

MAHOLOVAは本サービスの提供の中止の際、前項の手続を経ることで、中止に伴う会員または他者からの損害賠償の請求を免れるものとします。

第23条(本規約違反等への対処)

MAHOLOVAは、ユーザーが本規約に違反した場合もしくはそのおそれのある場合、ユーザーによる本サービスの利用に関し他者からMAHOLOVAにクレーム・請求等が為され、かつMAHOLOVAが必要と認めた場合、またはその他の理由で不適当とMAHOLOVAが判断した場合は、当該ユーザーに対し、次のいずれかまたはこれらを組み合わせた措置を講ずることがあります。

第6章 個人情報の保護

第24条(個人情報の収集目的)

MAHOLOVAでは、本サービスをご利用いただくにあたって、ユーザーに個人情報を登録していただく場合があります。

ご登録いただいたユーザーの個人情報は、次の目的のために使用し、その情報は厳重に管理します。

本サービスの提供・管理・運営のため ユーザーが本サービスを利用するにあたり必要な連絡をするため 本サービスの運営を目的とする個人情報が特定されない統計データを収集・作成送付するため

第25条(個人情報の利用)

MAHOLOVAがユーザーの個人情報を利用又は第三者に開示するのは、下記の場合に限ります。

第26条(クッキーの利用)

MAHOLOVAは、ユーザーの端末を特定する目的でクッキーを設定することがあります。MAHOLOVAは、クッキーと特定のサービスの利用のための個人情報等との組み合わせにより特定されたユーザーのサービスの利用状況を個人情報として取り扱います。

第7章 著作権

第27条 (投稿を構成する情報の著作権)

ユーザの投稿した募集情報については、著作権のないデータと取り扱い、ユーザはこれに同意して投稿しているものとします。

第28条 (投稿の集計情報の著作権)

ユーザの投稿した情報に対してシステムが集計を行った結果の集計データについては、MAHOLOVAに帰属するものとします。

第29条 (投稿・コメントの著作権)

ユーザの投稿した情報、コメントにかかる著作権は、当該情報・コメントを投稿した会員に帰属するものとします。但し、会員は、MAHOLOVAが単独で若しくは第三者と共同で運営するその他のウェブサイトの宣伝、利用促進、出版、マーケティング等を目的としユーザの投稿した著作物を使用する場合、対価の請求をすることなく、以下に定める権利を当社に対して許諾することを予め承諾します。なお、当該権利許諾は、会員が会員資格を喪失した後においても、有効に存続するものとします。

第30条 (投稿情報に関するコメントの著作者人格権)

会員は、当社に対して、自己が投稿した記事及びコメントに関する著作者人格権を行使しないものとします。

第31条 (著作権の譲渡)

会員は、自己が投稿した記事若しくはコメントに関する著作権を第三者に譲渡する場合、当該第三者をして本条に定める内容を承諾させるものとします。

第32条 (その他の情報の著作権)

ユーザコメント以外の情報にかかる著作権は、原始的に当社に帰属するものとします。

第33条 (APIによる情報公開)

MAHOLOVAは、募集情報・コメント、その他作成されたデータに関して、APIによる外部への公開を行うことがあります。公開したデータの利用については、APIの利用規約を別途作成しますが、APIで許諾する利用範囲は、当利用規約で定めた範囲を超えないものとします。

第8章 その他

第34条(専属的合意管轄裁判所)

ユーザーとMAHOLOVAの間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所をユーザーとMAHOLOVAの第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第35条(準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本法とします。